2023年12月1日公開

株式会社不動産科学研究所小原正徳|不動産投資アカデミーは詐欺で稼げない?真相は?口コミや評判を徹底調査しました!

株式会社不動産科学研究所小原正徳|不動産投資アカデミーは詐欺で稼げない?真相は?口コミや評判を徹底調査しました!のイメージ画像

不動産投資アカデミーについての記事です。

こちらの案件に関して今すぐ知りたいという方は、『直接LINEで詳細をお答えしますので友達登録をお願いします!』また稼げる案件を教えて欲しいという方にも、自分が実際にやっていて、稼げている案件を無料でお知らせしますので、気軽にLINEで連絡下さいね。

LINE移動ボタン

不動産投資アカデミーとは何?稼げるの?

不動産投資アカデミーという案件について解説していきます!

what""

そもそも不動産とは一体なんなのでしょうか?

土地や建物などの動かすことのできない財産のことです。

引用元:LIFULL HOME’S

つまり今回のザックリとした内容は、不動産に投資して稼いでいこう、という事になりますね。

イメージ画像
まぁいつの時代にもある投資内容ではあるよねぇ・・・。

今回調べた『不動産投資アカデミー』では、「サラリーマン収入を超える収入のつくり方」と謳っています。

不動産投資アカデミーのイメージ画像

不動産投資アカデミーは稼げるのでしょうか。一番気になるところですね。

結論から言って、今回の案件は残念ながら稼げそうありません。

それでは今回の案件がなぜダメだったのか、どこに問題があったのかを一つずつ解説していきます!

LINE移動ボタン

※このLINEでは営業や販売する事はありません。

不動産投資アカデミーを紐解く

不動産投資アカデミーを更にヒモ解いてみましょう。どうして?という疑問を解決したいですよね。

why""

まずこの案件で気になった部分を見てみましょう。

サイト内画像

今回の案件は不動産が大きなテーマになってこそいますが、冷静に考えれば分かることですがそもそも不動産の勉強や投資はこの案件を通さなくてもできるものです。

それでもなぜか確実な収益を示唆した文言が堂々と登場しますが、ハッキリ言って根拠はありません

サイト内画像

ご覧いただいたらわかる通り、ハッキリと不動産投資の収入だけで生活できるようになると断言されています。

しかしそこまで断言できるのにも関わらず、具体的にどのような内容になっているのかは一切不明です。

ページのどこを見たって具体的な話は一切書かれていませんし、ビジネスで具体的な条件も示さずに確実に稼げるなんて考えられません!

その上本当に稼げたという評判も見当たりませんでした。

イメージ画像
まぁ不動産投資って言われて誰でも確実に稼げるなんてことがあるわけないよねぇ。

おそらく登録時の個人情報を通じてバックエンドの販売や、その他の案件の案内をされたりといったパターンかと思われます。

高額商材などのバックエンドについて知らないという方は下のリンクにて詳しく説明していますので、お読みください。

LINE移動ボタン

※このLINEでは営業や販売する事はありません。

不動産投資アカデミーは詐欺は悪質な高額塾案件?

不動産投資アカデミーは詐欺か高額塾案件の可能性があるようです。

affiliate""

まず今回の案件では詳細が一切語られていないことが大問題です。

内容について説明されていないわけだから、こちらとしては判断のしようすらありません。

今回のように明らかに稼げることを示唆していてアカデミー、セミナーといったワードが頻出する場合、高額な費用を必要とするセミナーや塾のようなものが待ち構えていることが疑われます。

実際に今回の内容は不動産ということ以外は完全に不明で、どのような教材があるのかすら分かりません。

また極端で悪質な例だと、費用を取られるだけ取られて、根性論や精神論を押し付けるような中身のないセミナーも存在しているのです。

イメージ画像
高額塾のようなバックエンドが待ち構えている典型的なパターンかもしれないよねぇ・・・。

今回の案件はあまりにも内容が無さすぎるので、悪質な高額塾が待ち構えている可能性は大いにあると思います。

当然ながら稼げるかと言えば普通に考えて無理があると判断するのが妥当ではないでしょうか。

LINE移動ボタン

※このLINEでは営業や販売する事はありません。

不動産投資アカデミーの特商法の表記と運営会社の関係は?

不動産投資アカデミーの特商法の表記を確認してみましょう。運営会社はどこなのでしょうか。

about""

今回の案件に関する特商法の表記を見てたいところですが、今回のページでは特商法の表記が確認できませんでした。

この時点で案件としては信用すべきではありません

ただ今回はページ上で運営会社とされている会社のホームページから、会社情報が確認できたのでご紹介します。

特商法画像""

繰り返しになりますが特商法は買い手側を守るために表記が法律で義務付けられています。

なので今回のようにそもそも特商法の表記が存在していない場合は一切信用する必要がないということになるのです。

イメージ画像
表記そのものがないと運営の情報がないってことになるからねぇ・・・。

今回の案件では誰でも利益が得られることが確定しているかのような書き方をされています。

しかし利益がほぼ確定しているかのようなことを書かれてはいる割に、実際に稼げたという評判は一切見当たりませんでした

よって、全部ウソと考えるのが妥当なので、今回の案件では稼げない可能性が高すぎると考えざるを得ません。

それから、今回の運営元は株式会社不動産科学研究所ということになっています。

調べてみたら登記情報が確認できましたが、前項に挙げた通り、やはり事業内容として各種セミナー・塾・講座の運営等教育亊業を掲げています。

これ自体に問題はありませんが、そうであればやはり特商法の表記が存在していないのは問題であると言えます。

例えば商品価格も不明ですので、どこでどんな費用が発生するのかわからないということになります。。

これで信用できるかと言われればあり得ないとしか言いようがありません。

特定商取引法に基づく表記の記載について知らないという方は下のリンクにて詳しく説明していますので、お読みください。

LINE移動ボタン

※このLINEでは営業や販売する事はありません。

不動産投資アカデミーの仕掛け人は小原正徳?

不動産投資アカデミーの仕掛け人は誰なのでしょうか。気になるところです。

who""

今回の仕掛け人は小原正徳という人のようです。

仕掛け人画像

今回の案件では講師のような立ち位置で紹介されています。

元ゴールドマンサックスということにもなっていますね。

Youtube登録者2万人ということになっていますが、調査時点では3万人強の登録者がいるようです。

ただ直近1か月での再生数は大半が2~3000回程度になっており、必ずしも強い支持があるわけではないようです。

仕掛け人画像

また書籍の出版もされているようですが、Amazonのレビューでは『ネットで無料で知ることができる内容)しか書いてません。(中略)高額な(私には高額だと思いました)、有料セミナーに行かなければ知ることはできません。つまりこの本は、セミナーへの誘導書という位置付けになると思います。』というものが見つかりました。

すでに可能性を挙げた高額塾の存在がこちらでも示唆されています。

今回の案件でも適当なことを書いてお金がもらえるようになるかのように言っていますが、仕掛け人のいい評判が見当たらなかったことや、検証結果などを総合的に考えると、今回も避けた方がいいという結果になってしまいますね。

LINE移動ボタン

※このLINEでは営業や販売する事はありません。

まとめ

今回は小原正徳さんが仕掛ける不動産投資アカデミーについて調査してみました。

特商法の表記がない。

具体的にどういった仕組みの内容なのか記載がない。

仕掛け人の詳細な情報もない。

信用するための情報がないため、結果的に信ぴょう性は無いと判断せざるを得ません。

無理に始めたことが結果的に損失につながっては元も子もないので、皆様も気を付けましょう。

この記事の最初でもお伝えしましたが、自分のLINEに登録して貰えた方には自分が実際にやっていて、稼げている案件を無料でプレゼントしています。

もちろん、真面目にネットビジネスや副業についての相談も出来ますので、我こそは絶対に稼いでやるという方は是非ご登録ください。

ただし、自分も真剣なので冷やかしでの登録は絶対にしないでくださいね。 LINEともだち追加アイコン
流石に誇大詐欺広告のように月収1億円だとかそんな風に稼げるというものにはまだ出会えていませんが…

それでも実際に副業として使えるものも沢山あり、実際に自分も年収2000万円に届きそうな状況です。

そんな状況ではあるので、自分が実際に試してみて稼げた案件などどんどん共有していく事が可能かと思います。

自分のように年収2000万円を目指したい。そう思われる方は、自分と一緒に年収2000万円を目指しましょう。

LINEともだち追加アイコン

このように有益な情報を共有していきますので、本気で稼ぎたいと思っている方はご登録お待ちしております。

LINE移動ボタン
0 0 votes
Article Rating
Subscribe
更新通知を受け取る »
guest

0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments
トップページを見る